校長挨拶


校 長  青 柳 晴 雄
 
   
   庄内農業高校ホームページにようこそおいで下さいました。

 本校は、明治34年に山形県荘内農学校として開校以来、今年で118年を迎える、県内でも屈指の歴史と伝統を誇る庄内唯一の農業高校です。これまでに地域の農業やそれに関連する地元産業を担う方々はもちろんのこと、自治体の首長さんや議員さん、オリンピック選手やタレント・芸能関係者まで様々な分野で幅広く活躍する多くの優れた先輩諸氏を輩出してまいりました。

 平成29年度に、学科改変を行って、2つの学科、食料生産科・食品科学科になりましたが、今年の入学生で1から3年まで2つの学科がそろった完成年度になります。
 食料生産科は経営規模の拡大や経営の企業化、加工や経営の複合化に対応できる人材の育成を目的としています。
 食品科学科は、農業の6次産業化に対応して、農産物の加工や地域食材を活かした食文化の創造や食品開発を中心に、農業生産物を幅広くコーディネートできる人材の育成を目指しています。

    また、農業は生き物を扱う産業であり、直接、命と向き合う産業でもあります。本校では、農業学習をとおして、日々いのちや環境の大切さを学ぶことで、心豊かな人間を育てるとともに、地域とのかかわりの中で社会に貢献できる人材の育成を目標としています。とくに本校には、牛や豚・山羊やにわとりなどの動物に会いに、芋掘りの体験や野菜を育てるために、年間を通してたくさんの子どもたちがやって来ます。また公園や近隣の施設に花を植えたり飾ったりなど、こちらから出向いての地域の方々との交流を何よりも大切にしています。
 本校はこれからも、農業教育を担う学校として中心的な役割を果たしながら、地域とともに歩み続けて参りますので、皆さまのご支援よろしくお願いいたします。
 さて、農業高校の学習は、プロジェクト学習と呼ばれる問題解決型の学習を中心に据えており、以前から実際に地域や産業が抱える課題解決を学習テーマに、生徒自らが計画・実行し、その結果を反省・評価して次の学習につなげる学習を行ってきました。
 そして今、日本の教育は、知識偏重型の学習から探求型の学習への大転換期を迎えております。一言で言えば、「何を知っているか」だけではなく、その知識を活用して「何ができるか」が重要だということです。
 これはまさしく、農業高校がおこなってきたプロジェクト学習そのものであり、本校の校訓である「行学一如(ぎょうがくいちにょ)」の精神が示すよう、「学習と実践がそろってこそ、本当の学力が育まれる。」ということを指しています。
 庄内農業高校は、「地域」をテーマに、「生徒一人ひとりの可能性を引き出す指導」を目指し、プロジェクト学習を中心とした探求型学習に取り組んでまいります。

 

 

〒999-7601 山形県鶴岡市藤島字古楯跡221 Tel:0235(64)2151 Fax:0235(64)2404
Email yshonaino@pref-yamagata.ed.jp

Copyright © Shonai agricultural high school All Rights Reserved.